浄水器を無理やり買わされたら(クーリング・オフの期間が過ぎてしまったとき2)

受け取った書面に特に不備がないときは、勧誘されたときのことをじっくり思い出してみましょう。

次のようなことはありませんでしたか?

■「帰ってください」と言うのに帰ってくれなかった。

■何時間も勧誘された。

■こちらに都合の悪いことを説明されなかった。

■クーリング・オフはできないと言われた。

■健康上の不安をあおった。


このような場合は、詐欺・強迫を理由に解約できる可能性があります。

ただ、この辺から業者の抵抗も強くなりますので、自分ひとりで解決しようとせず、専門家に相談した方が良いでしょう。

どこの自治体にも役所の中に消費者相談コーナーとか市民相談コーナーのような部門がありますので、まずそこで相談されてみてはいかがでしょう。

もし、その業者に問題があれば、同じような被害例が出ている可能性もあります。

たいせつなのは、クーリング・オフから何ヶ月もたってしまったからといって、あきらめないことです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。