逆浸透膜浄水器カテゴリの記事一覧

逆浸透膜浄水器の欠点

逆浸透膜浄水器にもいくつか欠点があります。

第一は、人体に有益なミネラル分まで除去してしまうことです。

この点については、ミネラルは水道水からでなく、食物から摂るのが本来のあり方だという考えもあります。

また、最近はミネラル分を残すタイプの逆浸透膜浄水器も発売されています。

第二の欠点は、浄化の過程で大量の廃棄水が出てしまうことです。

その分、月々の水道代が増えることのなりますので、これは無視できない問題です。

第三の欠点は、逆浸透膜浄水器の本体価格が、他のタイプの浄水器より高いことです。

これも大事な問題ですが、今後、逆浸透膜浄水器が普及するにつれ、だんだん安くなっていくと思われます。

第四の欠点は、逆浸透膜浄水器は輸入品であることが多いため、フィルターやメンブレンなどの消耗部品の調達が難しいこと、それにいざ故障したときのメンテナンスの体制がまだ十分構築されているとは言えないことです。

これほどすぐれた能力のある逆浸透膜浄水器だけに、一刻も早い改善が望まれるところです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。