浄水器の種類(ろ材別)カテゴリの記事一覧

浄水器のタイプ(ろ材別)

使われるろ材(ろ過材)によって、次の4つに分かれます。



1.活性炭式

簡易型の浄水器に多いタイプで、粒状、粉状、繊維状あるいはブロック状にした活性炭を使います。

ただし、活性炭だけだと、カルキ臭や残留塩素を取り除くことは出来ても、鉄サビや大腸菌まで除去することはできません。



2.ろ過膜式

活性炭に加えて、中空糸膜という0.4〜0.01ミクロンの穴のあいたろ過膜を使うものです。

現在使用されている浄水器の多くはこのタイプです。

まず中空糸膜で、水道水に含まれる粒子類を除去し、活性炭で残留塩素や有機物を取り除きます

人間に必要で、水のおいしさの元となるミネラル成分までは除去しないのが、この方式の長所です。



3.逆浸透膜式

逆浸透膜という、中空糸膜よりもさらに小さな穴のあいた膜を使って水と異物を分離する方法です。

主に海水の淡水化や医療用に使用されます。

この方式は、水に溶けている重金属なども取り除いて真水にしてしまいますが、浄水する段階で大量の水を捨てることや、有用なミネラル成分まで除去してしまう点が問題です。



4.セラミック式

比較的新しい方式で、中空糸膜よりもさらに微細な穴をもつセラミック膜をろ材に利用した浄水器です。

この方式の優れているのは、カルキ臭、カビ臭、残留塩素、一般細菌のほとんどを除去しつつ、その一方で有用ミネラルまでは除去しないことです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。